老後を有意義なものにする|家族を想ってこその生前整理|家族への愛を形に

家族を想ってこその生前整理|家族への愛を形に

老後を有意義なものにする

和室

家族の負担を減らす

離れて暮らしている家族が亡くなると、残された家族は家財道具の整理をしなくてはいけなくなります。特に高齢の親が亡くなった場合には遺品が多く残されている為、片付けるのに膨大な時間と費用がかかります。あらかじめ生前整理をしておけば、処分しなくてはいけない家財道具も少なくなっているので家族に余分な負担をかけずにすみます。また生前整理で不要な物を捨てれば収納する家具も減らすことができるので、部屋が広く使えるようになり気分良く過ごせるようになります。生前整理は家族の為だけではなく自分の為にもなるのです。また生前整理は自分が亡くなった後の遺産分割やお葬式のことについて考える良い機会になります。あらかじめ準備しておくことで、より有意義な老後を過ごすことができます。

買い取りもしてくれる

生前整理を始めると膨大な量の服や食器、本や写真の量に驚くことがよくあります。長い間しまいっぱなしにしていたものにはカビが生えたりホコリが積もっていることもあります。これらを分別して処分したり掃除をするのはかなり体力が必要になります。その為生前整理を業者に依頼して行う人も少なくありません。体力がいる片付けや掃除を全て任せることができます。特に高齢になってから行う場合には、人手を借りた方が良いでしょう。生前整理の業者は不要な物を片付けてくれるだけではなく、まだ使用できるものを買い取ってくれます。自分には必要ないと思っても未使用の物やまだ使える物は捨てにくいものです。買い取ってもらうことができれば、心おきなく不要な物を処分できます。