ノートで伝える気持ち|家族を想ってこその生前整理|家族への愛を形に

家族を想ってこその生前整理|家族への愛を形に

ノートで伝える気持ち

ダンボール

最後のメッセージ

自分がこの世を去った後、遺された家族が揉めないように、生きている間に身辺の整理や相続をはっきりさせておく事を生前整理と言います。生前整理は以前からあった考え方ではなく、最近唱えられた考え方なので、どうしていけば良いか悩む方も多いです。整理する内容は証券や不動産、不用品など多岐にわたります。全て行う事は非常に労力がいるので、60代など若い時から始める方もいます。全て行わなくても、1部を行っておくだけでも十分に遺された家族の為になります。負担なくする方法に、エンディングノートを活用する方法があります。遺言ほど重くなく自分の死後、葬式や遺影、相続を綴れるノートです。家族の為に、混乱しないように自分のメッセージを残しておく方法です。

家族の為に

エンディングノートは書店でも売っており、手軽に始められる生前整理の1つとして活用されています。生前整理では実に様々な事をおこなわなければなりません。不用品を処分するにもリサイクル業者とのやり取りや、遺言の証人を立てたりと労力を使います。エンディングノートは遺言の様に、法的効力は持ちませんが、自身の意向を書き込む事ができます。万が一の時、あれはどこだ・これはどうしたらといった家族の混乱を防げます。葬式の場合、1番困るのが連絡先です。家族は親が誰と関わっていたか、お世話になっていたかを意外と知りません。お知らせするべき人に連絡できない事が多くあります。エンディングノートには関わりあった方の住所録も記載欄にあります。生前伝えられなかった家族へのメッセージを残し、家族の悲しみを癒すツールとして、注目されています。