家族を想ってこその生前整理|家族への愛を形に

ダンボール

残された家族の為に

残された家族の為にも、生きている間に持ち物を処分したり、財産目録を作成したりする生前整理は行っておきましょう。生前整理を業者に依頼することもできるので、まずは見積りを依頼したり、人の紹介を受けたりして良い業者を探しましょう。

和室

老後を有意義なものにする

生前整理をしておくと子供の遺品整理の負担を減らすことが出来るだけではなく、自分も快適に生活できるようになります。生前整理で荷物を処分するのはかなり重労働になるため、業者に依頼する人も増えています。使用出来る物は買い取ってもらえるので、心おきなく不要品を処分することができます。

生きているうちに身辺整理

作業員

生前に片付けておく理由

死後に遺族に負担をかけないように、生きているうちに生前整理はしておきましょう。たとえ一人暮らしで荷物が少なくても、いざ片付けようとするとかなりの量になる可能性もあります。しかも持ち主本人にしか価値がわからないような物や、処分しにくいアルバムをはじめとした思い出の品物もあるはずです。これに家電や家具など大型の荷物も加わるとなると、整理にかなりの労力を消費する羽目になるでしょう。それを家族にすべて仕分けさせるのは、どう考えても無理があります。そのためできれば自分が元気なうちに、できる限りの生前整理をしておくべきです。今は幸いにしてそのためのサービスも充実していますから、ひとりで苦労して生前整理する必要はありません。おおいに活用して、生前整理に役立てましょう。

業者の荷物整理のサービス

業者が提供している生前整理のサービスは、大きく分けて二つあります。荷物の仕分けを手伝うサービスと、廃品回収を請け負うサービスです。財産については法律の専門家に相談するのが一番ですが、その他の持ち物の整理については生前整理作業技能士や生前整理アドバイザーの力を借りるのが適切です。生前整理には必ず資格が必要というわけではありませんが、やはり資格がある業者の方が任せて安心できます。ただ荷物があまりにも多い時や廃棄したい荷物がある場合は、清掃や廃棄に強みがある業者に任せた方が適任です。どちらの業者も生前整理を手伝ってくれるという点では同じですが、片付けの規模や料金が違います。どちらにしても依頼する時は、各業者の見積もりやプランをよく確かめてから業者に頼みましょう。

ダンボール

ノートで伝える気持ち

エンディングノートの記載欄には世話になった人や葬式をどうしてほしいか等があり、生前整理と同じく家族が困らないようにする手段として始めている方が増えています。このエンディングノートは遺言と同じような法的効力はありませんが、遺族へのメッセージが残せると注目されています。

おすすめ関連サイト

  • 口コミ・評判でみる優良遺品整理業者の手引き

    お掃除のプロフェッショナルが対応をしてくれるのでお勧め。遺品整理なら東京の業者を頼りにしてみませんか。情報はサイトから。
  • 遺品整理プログレス

    生前整理や老前整理をサポートしてもらいましょう。家族にかかる負担を少しでも軽くしたいと考えている方必見です。